ADMIN TITLE LIST
PA160385.jpg 
どうも、新型GROMも納車され、先日サバゲにもバイクで参戦できてホクホクのネコロンダーです。

(ライトの下窓に坊主のおじさんお兄さんこと私も写りこんでて図らずして愛車と2ショットに)


納車は10/3でしたから二週間は経ってますね。

その間に祝日やら三連休やらありましたが、休日には必ず乗っていました。


ついにバイクを手に入れた感想としては・・・


買ってよかった!

ほんとに良かった!ヽ(・∀・)ノ


こうなんていうか、自分専用のマシンってのはロマンがありますね。

所有感が半端ないです。


納車日には嬉しくてそのまま地元を走り回ってました(´・ω・`)


PA020287.jpg PA020292.jpg


PA020286.jpg 


納車当日の写真です。

ちょっと画像が荒くて申し訳ないですが、とっても気持ちよかったです。

風を切って走るのはこういうことを言うのか・・・!と感動しました。


新型GROMの性能についてはネットでの情報通りだと思います。

自分はこのバイクが初めてのバイクですし、個人的には大満足しています。


ただ、GROMは小さい車体サイズなので自分の体格で窮屈かどうかだけは記しておこうと思います。

最初に乗った瞬間は教習車(CB125F)に比べると座る位置が結構前になりますので、少し窮屈かな?と思いましたが、少し走ったら慣れて気にならなくなりました。


そもそもGROMはお尻を後ろに下げての前傾姿勢というよりも、原付の50ccとかのように?垂直にストンと座るのがデフォのようですし、これはバイクのタイプの違いということでしょうかね。

ちなみに自分は身長172センチ体重65キロほどです。

自分より大きい方は・・・窮屈かな??



さて、ここで始めてバイク乗りとなった初心者の私が、とりあえずこの二週間で用意したバイク用品と、GROMのプチカスタム状況を記したいと思います。


PA160369.jpg

バイクに乗る場合は必ず必要になる物といえば、ヘルメットです。


私が買ったのは「OGK Kabuto」「KAZAMI」です。

世間ではシステムヘルメットと呼ばれるタイプのものです。

なんかSF映画のヘルメットみたいで一目惚れしました。




見た目はフルフェイスですが、ちょうどあご下からスイッチ一つでバカッと上に跳ね上げることが出来、ジェットヘルメットのシールドを上げたようなスタイルに変形します。

飲み物を飲めたり、それこそ何か食べたり出来ますし、信号待ちの時に外の空気を取り入れたり、景色を広い視界で楽しめたりと使い所は沢山あります。実際、あるととても使う機能ですし、便利です。


そしてインナーサンシェードと呼ばれる内蔵型サングラスも装備されていて、走行中でもレバー一つで簡単に展開と格納が出来ます。

この機能もほんと便利。


あとはベンチレーション機能もありますし、システムヘルメットにもかかわらず軽量、防御能力も高く、高速直進時の空気抵抗も独自の技術で最小限に留められておりとても快適。

さらに比較的金額も安いと言うことでいい事尽くめです。


ただ通常のヘルメットと比べると少し大きめなので、スッキリでスタイリッシュな感じを目指してる方には合わないかもしれませんね。


 


PA160370.jpg

お次はこれ。


「B+COM(ビーコム) MUSIC bluetoothレシーバー」です。


これがあればバイクに乗っている時、自分の好きな音楽を聴きながら気分ノリノリで走ることが出来ます。


この商品に同梱されている小型で薄いスピーカーをヘルメット内に取り付け、コードを本体に繋ぎ、本体を付属のマジックテープでヘルメットの外装に貼り付けます。

あとはBluetooth機能のあるスマホ(私はiPhoneです)にペアリングすれば準備OK。

さすればスマホ内に入っている音楽を聴く事はもちろん、ナビを起動していればナビの音声やメールなどの着信音まで聞こえるのでとっても便利です。


操作なども走行中でも音楽の再生、一時停止、ボリューム調節、次曲前曲へのスキップなど、必要なことが簡単操作で行えるのもポイント高いです。

人気があるのも頷けますね。


ただ、音質に関しては悪くはないですが良くもないという程度です。

あと私のは個体差なのかわかりませんが、ペアリングをすると右スピーカーから「チリチリ・・・」という雑音が聞こえます。まあ走行中はそんなに気になりませんし、気づくと雑音が消えていることもあるのですが、価格が15,000円前後で安くはないものですからちょっとガッカリですね。


ちなみ私が買ったこのタイプでは「通話」はできません。

通話が出来るタイプとなると倍近い値段になるのでとてもじゃないですが買えませんw

それに、私は基本一人で気ままに走ってる方が性に合ってるし楽しいので、このタイプで事足ります(´・ω・`)



PA160368.jpg 

手袋です。

まあこれはサバゲで使うために買った手袋を流用しております。


右の手袋は今現在サバゲで使用している「田村装備開発」さんの手袋。

フィット感が素晴らしいのと銃の操作が非常にしやすく、サバゲには素晴らしい手袋ですがバイクで使うには・・・アクセル操作がしにくいですね。


左の手袋は本来メカニックの方が使うらしい「メカニクスグローブ」です。

タクティコーな方たちも使用しているとの事で買ってみたのですが、私の手には大きく、保管していたものです。

しかしここ最近寒くなってきたので、防寒手袋を買うまでの繋ぎとして右のグローブを着けたその上にメカニクスグローブを装着しています。


意外と今のところ寒く無く重宝していますが、クラッチ操作に耐えられずに左手の指先部分が破けてしまいました・・・。

お給金が入ったらちゃんとしたバイク用の手袋を買おうと思っております。



PA160371.jpg 

遠出して駐車した時、盗まれない為には防犯グッズが必要です。

自分が購入したものは比較的一般的なチェーン型とディスクブレーキを使用するタイプのロック

がセットになった「レイト Mr.ロックマン リンク & ディスクロック」を購入しました。

4,000円くらいのものです。


正直、これでも少し心許無いですが無いよりかは数倍安心でしょう。

必ずこういった類いの物は買っとくべきですね。

あと必ずハンドルロックはしましょう。


ちなみに、ディスクブレーキにつけるタイプのものは外し忘れると「大変なこと」になるので気をつけましょう・・・。



あとは写真は撮ってないですが、ライディングシューズとして

「エルフ(ELF) Synthese 14」を12,000円ほどで購入しました。

エルフさんはライディングシューズのメーカーとして有名で、みなさん履かれている定番の靴のようですので安心。

履き心地も良く、満足してます。出かけた先での散策もなんのその。



PA160374.jpg 

んでお次は、スマホをバイクのハンドルパイプにマウントするためのアタッチメントです。

「RAM MOUNTS(ラムマウント) タフクランプ Xグリップセット テザー付 RAM-HOL-UN7-400U」

というもので、スマホをバイクにマウントするためグッズとしてはこれも有名だそうです。


四本のアームとバネの力でシンプルにスマホを挟んで保持するのですが、これがしっかりがっちりホールドしてくれて脱落の心配なしです。

スマホの取り外しも楽で、たくさんの方が使用しているのにも納得です。



PA160375.jpg 


これは「キタコ(KITACO) ヘルメットホルダーブラック/ゴールド」です。

GROMにもちゃんとヘルメットホルダーが本体についているのですが、シートを外さないと使えないという不便極まりない代物です。

このハンドルに付けるタイプのホルダーなら簡単にヘルメットをロックできますし、個人的にこれはマストバイなものだと思います。


PA160376.jpg 

ミラーは「SP武川 バイクミラー M10 正ネジ L/R」に交換しました。

純正のは丸くてコンパクトなのはいいのですが、後方が見辛いので安全の為に交換しました。

とても後方が見やすくなりますし、取り付けは簡単ですしオススメです。



PA160373.jpg

ミラーの正面がちょっと寂しかったのでステッカーを貼りました。

「コトワザステッカー」と呼ばれるもので意味は「天罰はゆっくりでも必ずある」

・・・自戒を兼ねてます(´・ω・`)


ステッカーを一枚貼っただけでも見た目の情報量が増えていいですね。

愛着も湧きますよ。



PA160380.jpg PA160381.jpg

キーケースですね。

意外とバイクショップには売ってなくて、好みのを探すのに苦労しました。

買ったのは「PORTER DILL ポーター ディル メンズ キーケース」です。

5,000円ほどで高かったのですが、質感も良く大きさもちょうど良いので満足してます。

長く使いますし、良いものが欲しかったのです。


これでGROMのキーを本体に刺していてもハンドルまわりを傷つけずに、チェーンロックやヘルメットロックのキーと一緒にしておけます。

小さいポケットもあって、緊急事態用に1,000円札を忍ばせてます(´・ω・`)



PA160364.jpg PA160365.jpg

最後はサバゲ用品運搬用のバッグです。


長く悩んだ末に買ったのは「UBIKE CYLINDER 50L」でございます。

これはバイク乗りのために作られた、ドラム缶型の完全防水バッグです。

50Lの容量があり、背負った時に体に負担をかけないよう様々な工夫がされ、反射材などもついています。


GROMは小さいバイクですので、リアキャリアをつけたとしても積載能力はたかが知れていますw

しかしサバゲには銃やら装備品やら小物やら、たくさんの荷物を持っていかなければなりません。

なのでこういった大容量かつ、移動中雨に降られても中身が濡れず、背負いやすいバッグが必要不可欠だったのです。


そして先日このバッグに目一杯荷物を入れ、なおかつ長いショットガンの入ったホルダーも一緒に背負いつつ、片道約2時間往復4時間コースのサバゲに行ってきました。

正直なところめちゃくちゃキツイだろうと考えていましたが・・・







想像以上に、楽でした(´・ω・`)


確かにこれを背負ったまま散歩してこいと言われたらキツイですが、バイクに乗ればバッグの荷重はほぼ全てバイクのタンデムシートが肩代わりしてくれるのでめっちゃ楽なんです。


しかもこのバッグ、全てのベルトに長さ調節の機能が付いており、調整も簡単なので自分の楽なポジションがバッチリ取れるのです。

値段が15,000円とお高いのですが、それに見合った機能のあるバッグです。

もし、私のように小型のバイクでサバゲに行こうとしている方がいたら、是非このバッグを考えて見ても良いのではないでしょうか。


ただ、自分の装備は銃から装備品に至るまでできる限りコンパクトで軽量な物にまとめていますので、中、重量級な装備をしている方はこのバッグだけでは難しいと思います。

その場合はバイク自体の方に工夫して、何かバッグをつけたほうが良いかもしれませんね。


それにしても買って大正解でしたヽ(・∀・)ノ



PA160372.jpg 

これからこの新型GROMと、出来るだけ長く安全にバイクライフを送っていきたいと思います(・∀・)

拍手する

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ボクは僕でキミは君だから。, All rights reserved.
まとめ